サバンナキャットの体長と性格!値段と購入法は?日本の飼育許可も

この記事は2分で読めます


サバンナキャットは、サーバルキャットという大型の猫と
イエネコの交配種です。

サバンナキャット

血の濃さによって姿が変わってくると思いますが―、
サーバルキャットと言えば、特定動物に指定されていますので、
飼いたい場合は、どうすればいいのかも気になりますよね!

そこで今回は、まずサバンナキャットの特徴として体長と
性格について
調べてみましたよ☆彡

また、値段と購入法や日本の飼育許可についても一緒に
調べてまとめましたので、ご紹介していきますね^^

サーバルキャットと同じ特定動物の、カラカルについては
こちらの記事をどうぞ!

カラカルの赤ちゃんが可愛い!販売価格や飼育方法、動物園情報も

サバンナキャットの体長は?実はこんな性格だった!

サバンナキャットは大型の猫で、体長は50㎝~75㎝
イエネコに比べると肢が長くてスラッとしているそうです!

ちなみに、イエネコの体長が30㎝~60㎝ですので、一回りほど
大きい感じでしょうか。

体色は混血の度合によって様々あるようですね。

次にサバンナキャットの性格ですが、外交的で犬に似た性質を
持っている
と言われているそうです。

忠実でリードを付けても大丈夫、水も好きなので飼い主さんと
一緒にシャワーに入る猫もいるとか。

サバンナキャット リード

猫にリードを付けるって嫌がりますし、あまり想像できませんが、
性格が犬っぽくて、外見が猫って不思議な感じですね(^^;


スポンサードリンク


サバンナキャットの値段は?どこで購入できるの?

サバンナキャットは血の濃さによってF1、F2、F3と分けられて
いるそうです。

数字が少ないほど血が濃く、原種の特徴を色濃く残していて、
体格や模様に差が出てくるようですね!

値段にも差が出てくるようですが、大体100万円~200万円前後
珍しいもので350万円ほど!

ワンボックスカーが買えてしまうようなお値段ですね(^^;

それでも海外では、ヒョウのような美しい模様と野性味あふれる
大型の猫が人気だそうですよ!

購入は、主に海外からの輸入になるようです。

「サバンナキャット 購入」で検索すると、いくつがサイトが
出てきますが、全てアメリカからの輸入で、日本の検疫は厳しく
手続きが複雑
となっていました。

日本でワイルドキャットを飼うには、いろんな壁があるみたいですね。

サバンナキャットは日本で飼育できる?必要な許可は?

サバンナキャットは、サーバルキャット(特定動物)の
血を引いていますので、扱い(位置づけ)が難しいようです。

日本で飼っている方もいるようですが、かなり少ないように
感じました。

サーバルキャットの血が濃いと、見た目がサーバルキャット
そのものになりますので、ふつうのイエネコとして飼うのは
難しいと思われます。

特定動物に位置づけられた場合は、都道府県知事の飼育許可を
取らなければいけません
ので、お住まいの自治体に確認する事を
おすすめします。

サバンナキャット ゲージ

特定動物や飼育設備については、こちらの記事の「カラカルの飼育方法」のところで、
ご確認くださいね!

海外で人気のサバンナキャットですが、日本で飼うには簡単には
いかないようです。

一度、どんな感じなのか触れ合えるような場があるといいですよね!

ということで今回は、サバンナキャットについての調査でした!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました^^


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

  1. ベンガルキャット
  2. カラカル
  3. フクロウ
  4. コアリクイ
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー