レジンの種類と特徴!選び方や売り場は?初心者におすすめの作品も

この記事は2分で読めます


最近、本屋さんの手芸コーナーなどで、レジンという言葉を
よく見かけるようになりましたよね。

ここでレジンと言っているのは、アクセサリーを作るための樹脂のこと。

レジン

しかし一言でレジンと言っても種類があり、それぞれ特徴も違うんです!

そこで今回は、アクセサリー作りに使われているレジンの種類と特徴
ついて調べてみましたよ☆彡

また、アクセサリー作りに適したレジンの選び方売り場初心者に
おすすめの作品について
も一緒に調べてまとめています^^

よろしかったら、ご覧になって見て下さいね!

同じくアクセサリー作りで、お子さんとも一緒に楽しめるプラバンについては
こちらをどうぞ!

レジンの種類と特徴は?アクセサリー作りに向いているのはどれ?

アクセサリー作りに使われているのは、主にUVレジンクリスタルレジン
2種類になります。

これらの違いは固まり方

それでは種類ごとに特徴を見ていきましょう!

UVレジン

レジンの種類と特徴

紫外線の照射により硬化する。
 ・直射日光で硬化するが、完全に硬化するまで時間がかかる。
 ・ネイル用UVランプを使用すると硬化時間を短縮できる。
◆1液タイプ。
※アクセサリー用を人体(ネイルなど)に使用しない。
※皮膚の弱い方は注意。(アレルギーの可能性)
※火気厳禁。(第四類第3石油類)

クリスタルレジン(エポキシレジン)

レジンの種類と特徴

時間の経過により硬化する。
 ・硬化時間はメーカーや使用量により変動する。(大体100gで18時間位~)
◆2液タイプ。
◆経年劣化による黄変に強い。
◆匂いが少ない。

最近人気のUVレジンは早い時間で仕上りますが、クリスタルレジンより
取扱いに注意が必要のようです。

早く仕上げたい気持ちもありますが、いくつもの層を何日もかけて硬化させ、
仕上げていくのも感動ですよね~!


スポンサードリンク


レジンの選び方!売り場はどこ?

実は同じ「レジン」と言ってもメーカーによって配合(レシピ)が異なり、
数多くの種類が存在している
そうです!

という事は、それぞれ特徴も変わってくるので-、

選ぶ際は、商品の特徴や詳細をきちんと表示してくれている様な、良心的な
メーカーさんを選ぶ
のがベスト!

また、ほぼ値段と品質が比例しているので、あまり安すぎるものは品質が
良くない
と言われています。(なかなか硬化しない、ベタつくなど)

ちょっと試してみたい方などは100円ショップにも売っているそうですので、
こちらを購入してみるのもいいかも知れませんね^^

レジンの選び方

本格的に、きれいに作りたい方は専門のショップで品質のいいものを購入される
ことをおすすめします!

私がおすすめするのは、こちらのネットショップです!

ビーズママ」http://www.beadsmama.com/
(ビーズママと検索しても出てきますよ!)

とても親切丁寧に詳細が説明されており、クオリティも高いのでお気に入りです♪

次に売り場ですが、すぐに手に入れたい場合はやはり実店舗ですよね!

東急ハンズユザワヤに売っているそうです。

100円ショップはダイソーですが、現在品薄状態だとか。

ホームセンターや手芸店に売っていたりする事もあるそうですが、ない場合は
先ほど紹介したサイトがおすすめですよ!

レジンの初心者におすすめの作品はコレ!

レジン作品を初めて作る方におすすめの、かわいい作品を見つけました!

結構凝った作品なのに、UVレジンとUVランプを使って手軽に仕上げています。

作り方は、こちらの動画をご覧くださいね!

いかがでしたでしょうか?

お花の代わりに夏は金魚を入れてみたり、他のパーツを入れたりして
アレンジしてみても面白いですよね!

ということで今回は、レジンについてお届けしました!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました^^


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

  1. テトラポット
  2. プラバン
  3. DIY
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー