レモン塩の栄養と効能!食べ頃や使い方は?保存期間と人気レシピも

この記事は2分で読めます


テレビ等で紹介され、いま話題沸騰中のレモン塩

簡単に言うと“レモンの塩漬け”ですね!

レモン塩

簡単に作れるとあって自分で作って、いろいろなお料理に
活用されている方も多い様子。

そこで今回は、レモン塩の栄養と効能について調べてみましたよ☆彡

また、食べ頃使い方保存期間人気レシピも一緒に調べて
まとめましたので、ご覧になって見て下さいね^^

レモン塩の栄養と効能!女性にうれしい効果がこんなに!

それでは、まずレモンの栄養についてと次に効能について
ご紹介していきますね!

レモンの栄養

ビタミンC
ポリフェノール
クエン酸
リモネン
ペクチン
カリウム
リミノイド

レモンの効能

(※上のレモンの栄養素別に効能を記載してみました)

・コラーゲンの合成に関わる
 美肌効果
 ・喉の痛みを和らげる
・抗酸化作用
 アンチエイジング効果
・新陳代謝アップ⇒(ダイエット効果、冷え性の改善
 ・血液を浄化して流れをよくする
 ・カルシウムなどのミネラル吸収を促進する
リラクゼーション効果
・腸のぜんどう運動を促進する
 ・腸内の善玉菌増殖させ、腸の調子を整える
 ・血糖値の安定やコレステロール値の低下させる
・塩分や老廃物の排出を促す
・体内の細胞をダメージから守り、がん細胞が生成を抑える

また、レモンの皮にはアレルギーの原因物質であるヒスタミンを
抑える働きもあるそうですよ!

レモン塩の栄養と効能

意外にも、こんなに効能があるんですね~(゚д゚)!

今の時代アレルギーを持つ方が多いので、要チェックですね♪


スポンサードリンク


レモン塩の食べ頃ってどのくらい?使い方いろいろ!

次にレモン塩の食べ頃なんですが、それぞれ作る方のレシピによって
違うようですよ!

ですが、だいたい2週間~1ヶ月と言われていますね。

そして使い方なんですが、まさに何にでも使える感じで、鶏肉料理から
パスタやドレッシングまで、いろんな料理に使うことができます。

夏に熱中症予防として、ドリンクなんかもおススメですよ!

レモン塩の保存期間と人気レシピ!正しく作ればこんなに長持ち!

まずレモン塩の保存期間ですが、2年ぐらいのようですが塩分濃度などに
よって変わってくるそうです。

長期保存のポイントは、「保存容器の消毒」、「保管場所」、「塩分濃度」が大事!

作る前に保存容器をアルコールか煮沸消毒し、保管場所は光が当たらない場所
するといいようです。

正しい作り方をすれば、5年や10年も保存できるのだとか!

レモン塩の保存期間と人気レシピ

次に数あるレモン塩の作り方の中から、一番人気のあるレシピをご紹介しますね^^

人気のレモン塩レシピ

【材料】   

レモン(国産)/3~4個
粗塩・・・1カップ~1.5カップ

【作り方】 

①レモンは洗い、水けをふき取る。
②1個につき、4~5等分の乱切りにする。
③清潔な瓶に塩とレモンを交互に入れていき、
 一番上に塩がくるようにして詰める。
④冷蔵庫で保存し、時々瓶を振って上下を返す。

※1週間後から使えるが、エキスが出てくるのは1か月後。

エキスが出ると、↓こんな感じになります!

レモン塩の保存期間と人気レシピ

お料理には、エキスを使ったりレモンを使ったりと、いろんなバリエーションが
楽しめますよ!

中でも簡単にできて夏にぴったりなのが、ドリンクです♪

レモン塩のエキスに炭酸水を注ぐだけ!

ぜひ試してみてくださいね!

ということで今回は、レモン塩についての調査でした!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました^^


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

  1. おから
  2. ズッキーニ
  3. バタービール
  4. すっぽん
  5. アボガド
  6. 赤ビーツ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー