初音ミクの人気の理由!技術と世界の反応は?主演オペラや映画も

この記事は2分で読めます


ボーカロイド(ボカロ)のバーチャルアイドル初音ミク

今やファミリーマートとのコラボやNHKでも特集が組まれるなど、
大変な人気ぶり。

今回は、そんな初音ミクの人気の理由について調べてみました。

また、技術や世界の反応についてや主演オペラや映画の情報も
一緒に調べてまとめました。

初音ミクの人気の理由とは?こんな秘密があった!

それでは、なぜ初音ミクがこれほど人気になったのかを
ご紹介していきますね!

かわいいイメージキャラクター

発売当初は商品のイメージ戦略として初音ミクのキャラクターが
使用されたものだったようです。

初音ミクの人気の理由

それが、ユーザーにより初音ミクの歌声やキャラクターを使用した動画が
ニコニコ動画に多数投稿
されて人気を集めるように。

そうして初音ミクはネット上で活動するバーチャルアイドルとなったようです。

ネットを通してみんなで楽しめる

初音ミクを含めたボカロは、安価/無料というだけでなく、パソコンや
携帯端末で手軽に楽しめます。

その手軽さや、みんなで視聴してコメントしたりと“みんなで一緒に”楽しめるのが人気なんですね。

創作の自由

非営利目的に限り、このキャラクターを使って自由に創作することできるため、
一般のユーザーが曲やイラスト、映像コンテンツなどの制作ができるんです。

それが、バーチャルアイドル歌手として高い人気を集めた一番の理由かも
しれませんね!


スポンサードリンク


初音ミクの技術とは?世界の反応がすごい!

ボーカロイドは、実際の人声から収録した声を「歌手ライブラリ」として
データ化し蓄積していきます。

音符情報が入力されると「合成エンジン」で合わせて生成します。

さらに人間の歌声に近づけるために、強弱やビブラート・息つぎなどの
表情情報を加える事で、リアルな人間のボーカルとして歌います。

ボーカロイドによって、今まではボーカルパートを録音して完成させた
DTM制作が、実際に人間の歌声を録音せずにパソコンだけで作成出来る
ようになったんですね。

声がキャラクター化されプロフィールを持つことで、楽曲のメインボーカル
として、主役となりました。

初音ミクの技術と世界の反応

音楽をパソコンで創作するプロデュサーたちが、自由に自分の音楽にあわせて、
ボーカリストを選び、歌わせるのがボーカロイドなんですね。

その人気は日本にとどまらず世界にもおよびブームを巻き起こしています。

有名な話では、あのレディ・ガガさんのワールドツアーの前座に出演した話が
ありますよ。

レディ・ガガさん、初音ミクが大好きなんですって!

初音ミク主演のオペラがある?映画の主題歌も!

2013年にパリのシャトレ座にて、人間の歌手やオーケストラが存在しない
世界初のボーカロイド・オペラ「THE END」が公演されています。

スクリーンに映し出された人口のオペラで初音ミクがルイ・ヴィトンの
衣装で出演しているそう。

追加公演もありながらチケットは15分で完売するほどの人気だったとか。

初音ミク主演のオペラ

4枚のスクリーンで立体的に見せる最新の技術と、シャトレ座では
大量のスピーカーを使った、オーケストラではできないオペラ。

客層も若者からお年寄りまで幅広かったようですね。

映画に関しては、村上隆初監督の作品である「めめめのくらげ」にて
初音ミクが主題歌を歌っているそうです。

曲は「Last Night, Good Night」。

本当に初音ミクの人気ってすごいですね~。

バーチャルでありながらオペラという発想もすごいですね!

これからも、初音ミクの新しい試みが出てくるのでしょうか?

ボーカロイドや初音ミクの更なる活躍を期待したいですね。

ということで今回は、初音ミクについての調査でした!


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク

関連記事

  1. 牙狼〈GARO〉
  2. 火星
  3. ジバニャンがいっぱい
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー